早期に改善する

歯医者のライト

近年では、歯列矯正のために歯科医院で相談される患者さんが増えています。なぜならば、歯並びが悪いということは色々なマイナス要素があるからです。例えば、人と話している時に見た目の面で印象がよくないことがあげられます。その他に、歯並びが悪いと歯が磨きづらいので、むし歯になりやすいです。また、歯周ポケットに歯垢や歯石が沈着することで、歯周病が引き起こされます。 また、発音も悪くなる恐れがあります。というのは、歯と歯の間に隙間があったり、歯が内側に倒れていると、正しく舌を動かせなくなるからです。また、噛み合わせが悪くなるので、肩こりや腰痛、姿勢が悪くなる可能性もあります。ですから、早期に歯並びの悪さは改善したほうが良いといえます。

歯科医院では、子どものうちに歯列矯正をしようと考える親御さんは多くいます。子どもが歯列矯正治療を受ける場合は、なるべく早い時期に行ったほうがいいと考えられています。というのは、子どもの時は顎が成長段階にあるからです。ですから、早く歯列矯正を始めると、顎の成長を誘導しながら治療を進めていくことができます。その結果、抜歯する可能性を低くして、大人になって永久歯が生えるときに正しい歯並びや噛み合せにできる可能性が高くなります。 子供の頃に悪い歯並びを放置すると、あごの発育が正常に行われないことになります。よって、顔の形などにゆがみが生じたり、高い治療費がかかることがあります。ですから、子どもの時に早期に治療したほうが良いです。