治療を受ける

口臭が気になる焼肉

歯周病は、時として私たちの歯を全て喪失させてしまうことがあります。ですから、普段から歯周病には気を付けないといけないのです。 総入れ歯になってしまうと、見た目は老けてしまいますし、総入れ歯では食べかすが挟まり、食事の度に痛い思いをすることにもなるのです。 そこで、いつまでもおいしく物を食べるために、インプラント治療を実施することも検討してみてはいかがでしょうか。 インプラント治療では、歯槽骨にフィクスチャーと呼ぶ人工歯根を埋め込んで土台を作りますから、自然の歯とほとんど変わらない機能性の高い義歯を取り付けることができるのです。 また、自然の歯と見分けがつきにくい人工歯を選ぶことで、審美性も高まり美しい仕上がりになります。

インプラント治療の方法とは、MRIやCTスキャンによる診断から始まります。これにより、フィクスチャーを埋め込む歯槽骨の状態を診るのです。特に、上顎臼歯の部分の骨は、その上方にある上顎洞により薄くなっている場合がありますから、注意が必要になります。 骨が薄い場合には、サイナスリフトやソケットリフトという特殊な方法を使って骨移植を行い、骨の量を確保してからインプラント治療に入ります。 インプラント治療では、フィクスチャーと骨が十分に結合する必要がありますから、数カ月という時間がかかりますが、治療が完了すれば、普段通りの生活ができ、お手入れも簡単なのです。 ただし治療費は高額なものになりますから、十分に検討して後悔のない決断をしましょう。